Cloud-Work.net

Linux Mint

(5)Linux Mint Mateの設定のツボ

Screenshot-外観の設定

Linux Mint Mateに限らず、パソコンを使っていると、不快/不便に思えることが出てくることでしょう。

今回は、Linux Mint Mateをより快適に、便利に使えるように設定を変更するポイントについて見ていきたいと思います。

(さらに…)

(4)Linux Mint Mateにアプリケーションを追加

Screenshot-ソフトウェアの管理

Linux Mintなど、「Ubuntu系列」のLinuxディストリビューションでは、アプリケーション・ソフトウェア、システムファイルなどは、全て「.deb」形式のパッケージとして用意されており、世界中に設置されているサーバーからダウンロードして無償で利用することができます。

今回は、Linux Mint Mateにアプリケーションを追加する手順を見ていきたいと思います。

(さらに…)

(1)Linux Mint Mateのインストール用USBメモリーの作成/Live起動

2015-10-11_114250

使い勝手の良さと軽快さのバランスを見た時に、私の一番お気に入りのLinuxディストリビューションは、Linux Mint Mate。

本稿では、Live起動で動作チェックを行った上でシステムディスクにインストールを行うためのUSBメモリーの作成手順についてまとめておきます。 (さらに…)

SSDが壊れたMacBook AirをUSBメモリーにフルインストールしたLinuxMintで動かす

IMG_7860

MacBook Air 11 (Mid 2012)が内蔵のSSDを認識しなくなってしまい、あれこれ手を尽くしたのですが、どうやらダメ模様。

応急処置としてMacBook Airに装着した32GBのUSBメモリーにLinuxMint 17.2をカスタムしたものをフルインストールしてみたら、結構快適。

SSDを買わなきゃと思っていたけど、2万以上もしてしまう。当面はこれでいいかなと思ってしまっています。

(さらに…)

TeamViewerでLinuxMintからWindows PCにリモートアクセスして文字入力をする時、日本語/英語の切り替えをできるようにする

000TeamViewerL2Win-500x281

LinuxMintで動くPCからWindows PCやMacなどをリモートで操作するにあたっては、TeamViewerが便利で、使わせていただいています。

外出先からiPhoneのテザリングで接続して、事務所や自宅のPCにアクセスする際でも、不自由なく使うことができ、とても重宝しています。

ただし、文字の入力については、すんなりとは行きません。

今回は、私なりの使い方をご紹介させていただきます。 (さらに…)

Remastersysで「カスタムLive CD/USB」を作る(LinuxMint Mateをベースに)

022Live-500x269

Ubuntu系のディストリビューションで便利なことの一つとして、容量さえ大丈夫であれば、USBメモリー1本にOSもデータもまるごと入れてしまう事も可能となる点があります。

方法については、上記の記事に書いておりますが、動作はさほど速くはなく、やはりHDDやSSDのようにはいきません。

ところが、「LiveUSB」であれば、上の方法と比べると、かなり動作が軽く容量もコンパクトなものとなります。
今回は、LinuxMint Mateをベースとさせていただいて、自分オリジナルの「カスタムLiveUSB」を作成して、軽快に動作させる方法について見ていきたいと思います。 (さらに…)

公式レポジトリからダンロードできないソフトウェアや最新のバージョンのソフトウェアをPPAから入手する

000InkscapePPA-500x463

Ubuntuは、「Launchpad」という、オープンソース・ソフトウェアの開発サイトで日々開発が進められています。このLaunchpadには、PPA(Personal Package Archive)という機能があります。

Personalとあるとおり、個人で開発したアプリケーションを公開できるようになっています。中にはグループで公開しているものもありますが。

このPPAによって、Ubuntuの公式レポジトリからダンロードできないソフトウェアや最新のバージョンのソフトウェアを手に入れることができます。

今回は、メジャーアップデートを果たした、高機能グラフィックス・ドロー・ソフト「Inkscape」の最新版を導入してみたいと思います

(さらに…)