Cloud-Work.net

(4)Linux Mint Mateにアプリケーションを追加

(4)Linux Mint Mateにアプリケーションを追加

Linux Mintなど、「Ubuntu系列」のLinuxディストリビューションでは、アプリケーション・ソフトウェア、システムファイルなどは、全て「.deb」形式のパッケージとして用意されており、世界中に設置されているサーバーからダウンロードして無償で利用することができます。

今回は、Linux Mint Mateにアプリケーションを追加する手順を見ていきたいと思います。

<スポンサードリンク>

1,「ソフトウェアの管理」からアプリを追加

「Menu」>「システム管理」>「ソフトウェアの管理」を起動します。

パッケージ名がわかっていれば右上の検索窓で検索して一発でたどり着くこともできます。

ジャンル別に分かれているアイコンから、好みのアプリを探すのもいいでしょう。

Screenshot-ソフトウェアの管理

基本的なアプリで、人気のアプリは左上の「注目のアプリ」にあります。

まずは、こちらから好みのものを追加インストールすることをオススメします。

「注目のアプリ」をクリックしたところです。

Screenshot-ソフトウェアの管理-1

アイコンの右下に「緑色のチェック」が入ったアプリは、すでに導入済みのものです。

早速、マルチメディアプレイヤの「vlc」を追加してみます。一覧から「vlc」の行をダブルクリック。

vlcinstall

「インストール」ボタンをクリックすれば、自動的にダウンロード&インストールが行われます。

vlc

インストール後は、各アプリが属するジャンルに分けられたメニューから起動することができます。

2,ホームページから「.deb」パッケージをダウンロード&インストール

セキュリティ上、ホームページからダウンロード&インストールするのは信頼できるものに限定するようにしましょう。

「.deb」形式のパッケージであれば、簡単にインストールできます。

例としてGoogle Chromeをダウンロード&インストールしてみます。

「Menu」>「インターネット」>「Firefoxウェブ・ブラウザ」を開いて、下記のサイトにアクセスします。

Screenshot-Chrome ブラウザ - Mozilla Firefox

「Chromeをダウンロード」をクリック。

Screenshot-Chrome ブラウザ - Mozilla Firefox-1

使用中のPCにインストールされているMint Linuxに合わせて、「32bit .deb」か「64bit .deb」を選びます。

#どちらかわからなければ、32bit版にしておけば無難となると思います。

Screenshot-Chrome ブラウザ - Mozilla Firefox-2

「同意してインストール」をクリック。

次のような画面が出るので、そのまま「OK」を。

Screenshot-google-chrome-stable_current_i386.deb を開く

GDebi 「Package Installer」が開きます。

Screenshot-Package Installer - google-chrome-stable

「Install Package」をクリック。

Screenshot-Package Installer - google-chrome-stable-1

自動的にインストールが行われます。「Installation finished」と表記が出たら、インストールは終了です。

Screenshot-Package Installer - google-chrome-stable-2

「閉じる」ボタンをクリックして終了します。

chromePanel

インストール後は、「Menu」>「インターネット」から起動できます。

ここで、「Google Chrome」上で右クリックすると、上の画像のように、コンテキストメニューが出ます。

ここで、「お気に入りに表示」させるようにしたり、デスクトップ、パネルにアイコンを表示させるようにすることができます。

また、アプリの「アンインストール」もここから行うことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサードリンク>

« »