Cloud-Work.net

Linux Mint Mateでサーバの稼働状況をグラフで表示するサーバ監視ツール「munin」を動かす

Linux Mint Mateでサーバの稼働状況をグラフで表示するサーバ監視ツール「munin」を動かす

サーバの稼働状況を記録し、グラフで表示してくれる「munin」というサーバ監視ツールがあります。

Ubuntu 10.04や12.04では、インストールしてすぐに動いたハズなのですが、14.04では、すんなりとは行きません。

ひと手間かかりますが、設定ファイルをちょこっと変えるだけで無事に動きはじめました。

<スポンサードリンク>

muninの導入と設定

1,muninのインストール

端末(ターミナル)を開いて、下記を入力してEnterします。

sudo apt-get install munin

2,設定ファイルの編集

sudo nano /etc/munin/apache.conf

#管理者権限で、端末内で使えるエディタ「nano」でmuninのサーバ関連の設定ファイルを開きます。

001apache_conf

設定ファイルの中の「Allow from localhost 127.0.0.0/8 : :1」の行頭に「#」を入れてコメントアウト(=この行に書かれている事については実行されない)します。

続いて、下記の2行を追加

Allow from 192.168.1.0/24
Require all granted

3,設定ファイルの保存

「Ctrl + O」で保存します。

#端末内で動作するエディタ「nano」の画面下部には操作のショートカットが表示されています。「^」は「Ctrlキーを示しています。

「書き込むファイル:」でファイル名が表示されている状態で「Enter」します。

003SaveEnter

保存し終えたら「C+X」で終了して、コマンドプロンプトに戻ります。

4,apache2の再起動

以下のコマンドでWebサーバアプリの「apache2」を再起動させます。

sudo service apache2 restart

004apache2Restart

「OK」と表示されれば大丈夫。

5,muninへのアクセス

Webブラウザで、「http://(サーバのIPアドレス)/munin」でアクセス。

011muninTop

「Categories」で「system」を見てみた所です。

012cpu

このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサードリンク>

« »