Cloud-Work.net

gparted

Chromium OSをインストールしたドライブの初期化方法

Chromium OSをインストールしたドライブは、合計15ものパーティションに分割され、「/dev/sda1から/dev/sda12」の領域を使用します。

いったんChromium OSをインストールしたドライブをWindowsや他のLinuxに戻したい時のドライブの初期化方法についてまとめます。

(さらに…)

<スポンサードリンク>

一台のパソコンで、WindowsとUbuntu系3つのディストリビューション、計4つのOSが起動できるようにマルチブートにしてみる

前々回の記事で、「さすがのgpartedでもビクともしないntfsディスクのパーティションサイズを変更してLinux Mintとデュアルブート」してみました。実はこれ、ウチの会社の社員が、新しいパソコンを設定した時のものでした。

今回は、私自身のPCで、テスト環境としてWindows 10 Technical Preview、Ubuntu 4.04,Ubuntu Mate 14.04、Linux Mint Mate 17.1の4つを1台のPCで使い分けできるよう、マルチブート環境を構築した過程をご紹介させていただきます。 (さらに…)

NTFSディスクのパーティションサイズを変更してWindowsとLinux Mintのデュアルブート

Windowsが入っているパソコンに、Linux MintやUbuntuなどを追加でインストールしたい時(すなわちデュアルブートにしたいとき、トップ画像のように、んん?となってしまう時があります。

例えば、本来300GBのハードディスクを搭載しているパソコンなのに、トップ画の場合、Windowsの領域が6.4GB、Linux Mintを新たに導入する領域が7.5GBとなってしまうような場合です。
実はコレ、Windowsのリカバリ用に確保された小さな領域にLinux Mintを突っ込もうとしています(^_^;;

このようなPCにどうしてもLinux MintやUbuntuなどを追加したい場合、ひと手間かかってしまいますが、下準備としてハードディスクの領域をあらかじめ変更しておけば大丈夫。

その手順をLinux Mint Mate版(17.1)の場合で見ていきましょう。 (さらに…)