Cloud-Work.net

WordPressでホームページを構築(6):ホームページ・ビルダーで作成したテーマをサーバーにアップロード

WordPressでホームページを構築(6):ホームページ・ビルダーで作成したテーマをサーバーにアップロード

2015-07-06_201948-550x400

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページ・ビルダーで、サイトの骨格を作って、ある程度形になってきたら、サーバーにアップロードしてみます。

WordPressでホームページを構築(3)」に記した通り、サーバーは検索エンジンには公開されていませんし、IDとパスワードでログインしなければ参照できない状態になっている段階です。

これから試行錯誤を繰り返しながら完成させていくにあたって、”とりあえず”の段階ですが、サーバーでの作業の併用も必要となってくるので、中途の段階でアップロードしてみます。

<スポンサードリンク>

(1)サーバーへの転送の設定

「ホームページ・ビルダー19 SP」で作成したテーマを、サーバーに転送するための設定をします。

試行錯誤を繰り返す中で、何度も修正したテーマをサーバーに転送することになります。以下の手順であらかじめ設定をしておけば、次回以降はワンクリックでテーマの転送ができるようになります。

1,FTP接続用の情報を取得

ここでは、すでに、「WordPressでホームページを構築(2):ドメインを取得し、サーバーを借りる」の回で契約した、「ヘテムル」のレンタルサーバーへテーマを転送できるようにします。

まずは、ヘテムルのコントロールパネルにログインして、必要事項をメモしておきます。

2015-07-06_195841

右サイドメニューの「ウェブ関連」>「FTPアカウント」へ移動。

必要なのは3点です。

  1. FTPアカウント名=ユーザー名:画面に表示されています。
  2. FTPサーバー名=ホスト名:暗号化対応のFTPS接続用のxxxxx.heteml.jpがオススメ。
  3. FTPパスワード:コントロールパネルにログインする際のものでもいいのですが、「FTPパスワード変更画面へ」に飛んで、別途パスワードを設定しておくのがオススメです。

2,転送先の設定

プルダウン・メニューの「サイト(S)」>「転送設定の一覧/設定(T)」を選択。

2015-07-06_195206

次のような画面が現れたら、必ず、「WordPress」タブに切り替えた状態にして、「設定追加(A)」をクリック。

2015-07-07_021626

「その他のプロバイダを使用する(O)」にマークを入れて「次へ(N)」をクリック。

2015-07-06_195425

「プロバイダの選択」は何も選ぶ必要はありません。

先ほど調べておいた1,FTPサーバー名、2,FTPアカウント名、3,FTPパスワードをそれぞれ入力。ここで「参照(C)」ボタンをクリックしてみます。

2015-07-07_021933

次のような画面が出たら正常にサーバに接続できています。

「/web/xxxxxxxxx.com」のように、WordPressがインストールされているディレクトリを開いた状態で、「OK」をクリックします。

2015-07-06_195644

「転送設定名(N)」には、わかりやすい好きな名称を。

「サイトのURL(L)」には「http://」に続けてホームページのアドレスを入力します。

サーバーにはすでにWordPressはインストール済みなので、「WordPressを公開サーバーにインストールする」のチェックを外します。

2015-07-07_022056

「完了」をクリックすると、設定は完了です。

「転送設定」の一覧に、設定が保存されます。

2015-07-07_022128

(2)サーバーへの転送

「ホームページ・ビルダー19 SP」の編集画面で、画面右上の「サイトの公開」をクリックします。

2015-07-06_200017

「公開先設定(F)」で、先ほど保存しておいた転送先設定を選んで「公開(P)」をクリック。

2015-07-07_022907

自動的に必要なファイルがサーバーに転送されます。

2015-07-06_200253

データの転送が完了すると、次のような説明画面が現れます。

2015-07-06_202249

そして、自動的にWordPressのサイトが稼働しているホームページにジャンプします。

2015-07-07_023132

ユーサー名とパスワードを入力してログインすると、「hpbダッシュボード」という画面が開きます。

2015-07-06_200405

ここで、「データの反映」をクリックします。次の画面が現れます。

2015-07-07_023605

「データの反映を実行する」をクリックします。

続いて、下の画面に遷移するので「Webサイトを見てみましょう」の「ページを見る」ボタンをクリック。

2015-07-06_201948

実際にサーバーで稼働しているWordPress上で、ホームページが表示されました。

2015-07-06_202017

まとめ

次回以降は、「ホームページ・ビルダー19 SP」上で、そして「WordPress」上で、それぞれを役割ごとに使い分けながら、ブラッシュアップを行い、ホームページの完成度を高めていきたいと思います。

<スポンサードリンク>

« »